Text Size :  A A A
 
もう季節外れになるかも、
ですが、ちょっとゾ〜っとする話。

シュウタロウは4歳くらいまで人には見えないものが見えるコドモでした。

ある日のドライブ

『この車に誰が乗ってるでしょ〜か?』 とシュウ。
『シュウちゃんと、ココちゃんと、お母さんです(ニコはまだ生まれていない)』
『ブッブ〜あと一人います』
『もぅ、怖いこと言わんといてよッ』
『お母さんと一緒に運転していま〜す』

それから長い間、シュウにだけ見える “たくま” という男の人が
登場しました。

『どんな人?』
『おまわりさん』 とシュウ。
でもその頃のシュウは郵便配達の人も、駅員さんも制服に帽子姿の人は
みんな おまわりさん、で。

それから時間が経ってシュウが少し大きくなって、もう “たくま” も
登場しなくなった頃
『なァ、あの“たくま”ってなにやったん?』
『あぁ、おかあ のカバンとおんなじ服着てた』